蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

家庭用蓄電池自体の説明から工事費込みの価格まで徹底解説!

蓄電池 2021年10月08日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

img_Storage-battery_Construction-cost-included_price_210217-1.jpg

工事費込みの蓄電池の価格を知る!安心と節約を実現するには

「蓄電池について詳しくは知らないけど、どのくらいお金がかかるか知りたいです。どうしたらいいですか?」
こういった疑問に答える記事です。

この記事を読むことで、蓄電池そのものだけでなく、併用されることの多い太陽光発電について詳しく知ることができるようになるので、最後までお読みください。

なお、先に結論をネタバレすると以下の内容です!

  • 「蓄電池の設置には本体代と工事費併せて100万円から200万円程度を想定しましょう」
  • 「そして、蓄電池と太陽光発電のコンボは神コスパです」

実際増額いくら?工事費込みの家庭用蓄電池の価格や用途に目的

一般的な本体価格のおおよその相場としては、およそ80万円から170万円前後のレンジです。
家庭用蓄電池は機種や性能によりかなり値幅があります。
本体価格は数十万円から百万円以上する機種もあり、中には400万円以上するものまであります。

ご自宅の使用目的に合った商品がどんなものなのか、ご予算と相談しながらよく検討するといいでしょう。
「蓄電池の工事費込みの価格」について解説します!
蓄電池を設置する作業は、特別な技術を要するため一定の資格保有者でないと行うことができません。
設置するためには専門の資格が必要となります。

資格保有者による特殊な工事となり、その相場はおよそ20万円から30万円前後のレンジです。
住宅の状況や、取り付ける蓄電池の種類などによって多少の前後が生じます。

従って、蓄電池の設置にかかる費用は、【「蓄電池本体価格」+「工事費」】となるため、結論『100万円から200万円程度』が蓄電池設置にかかる相場であると言えます。

なぜ?蓄電池設置にかかる金額に差が出る理由

では、なぜここまで相場の価格に差が生まれているのかについてもみていきましょう!

家庭用蓄電池の違いには、大別すると次の5点の要素があげられます。

  • 蓄電容量
  • 単機能型・ハイブリッド型
  • 特定負荷型・全負荷型
  • 設置場所
  • 保証内容

各要素を順番に見ていきます。

蓄電容量

蓄電容量(kWh)が大きいほど、多くの電力を貯めることができます。
しかし、大きければ大きいほど良いかというとその限りではないため、ご自宅での使用用途に合わせた容量を選ぶといいでしょう。
購入を検討しているメーカー担当者などと相談してみてください。

単機能型かハイブリッド型か

単機能型ではパワコンが蓄電池のみに対応していて、ハイブリッド型ではパワコンが蓄電池と太陽光発電のどちらにも対応しています。
後付けで太陽光発電にも対応したい場合にはハイブリッド型を最初から検討しておくといいでしょう。

特定負荷型・全負荷型

特定負荷型では一部のコンセントのみが蓄電池の電力を使うことができますが、全負荷型では家にある全てのコンセントで蓄電池の電力を使うことができます。
オール電化を導入している方、お子さんやペットがいらっしゃるご家庭の方は特に全負荷型を検討してください。

設置場所

蓄電池の設置場所も屋内、屋外で指定されている場合があります。
蓄電池のタイプによって異なってきますが、蓄電容量が大きくなるとその分、設置場所も必要になることが多いです。

保証内容

保証についてはメーカーごとに様々な種類があるのでしっかりとチェックしましょう!
保証期間は10年、15年が単位となっていることが多いです。

ただし、太陽光発電と蓄電池をセットで設置することを検討している方は、太陽光発電の送電によって故障してしまった場合、保証に入らない場合もあります。
保証に入るのかどうかは必ずチェックしてください!

蓄電池を設置する際の注意点【工事費込みの価格で考えよう】

蓄電池を設置する際には、設置場所に注意を払わなくてはなりません。
サイズが小さいもの大きいもの、仕様上デリケートな作りのため衝撃に弱いものなど、その製品によって特徴は様々です。

ご自身が購入を検討している蓄電池がどんな特徴の商品なのか、まず調べる必要があります。
かつ、蓄電池を設置する場所は屋内か屋外かの大きく2つに分かれます。

それぞれの設置方法はどのようなものでどんな注意が必要か、順番に見ていきましょう。

屋外設置の注意点

屋外での注意点はおよそ3つです。

  • 直射日光が当たらない場所
  • 塩害地域での設置は不可
  • 空気が留まらない場所

直射日光の関係で、設置場所は基本的に南側以外であることが多いです。

屋内設置の注意点

次に屋内での注意点はおよそ3つです。

  • 騒音が発生しても問題ない場所
  • 水回りではない場所
  • 空気が留まらない場所

屋外より屋内では空気が留まらず湿気が少ない場所に設置することが重要です。
また寝室の近くなどに設置すると蓄電池による騒音によって問題が発生することがありますので注意してください。

蓄電池と同時使用で神コスパ「太陽光発電」の工事費込み導入価格

蓄電池単品でも便利ですが、その特性を活かすために「太陽光発電」を同時導入すると、それぞれのメリット要素が掛け算されるため、よりコスパが高くなります。
ここでは、かんたんに「太陽光発電」の導入費用もご説明します。

太陽光発電の工事費込み導入価格の相場

太陽光発電の工事費込みの導入相場は、一般的な家庭の場合ざっくり120万円~170万円ほどです。
お家の屋根の状態や環境要因など、様々な要因で値幅はありますがおおよそこのくらいの価格を想定しておけば大きなズレは出てこないでしょう。

蓄電池×太陽光発電、同時導入でどんなメリットが?

太陽光発電があれば災害時に蓄電池に貯まっている以上の電力を使用でき、日常生活でも電気料金が高い日中の電力消費を助けることができます。

蓄電池があれば電気料金が安い夜間の電力を利用して日中に電力を回すことができます。
このコンボによって電気代を大幅に安くすることができるようになります。

太陽光発電と蓄電池、併せて設置する代の相場

最高に相性の良い蓄電池と太陽光発電ですが、同時導入するための相場はいくらくらいなのでしょうか。

  • 『100万円から200万円程度』が蓄電池設置にかかる相場
  • 『120万円~170万円』が太陽光発電導入にかかる相場

上記2点から、『およそ220万円から370万円程度が、蓄電池と太陽光発電の同時導入の相場』だということがわかりますよね。
もちろん、お住いの地域やお家の状況、各商品によって多少の差額は発生するものの、ざっくりとした目安でこのくらいかかると思っていただいてよいでしょう。

工事費込みで蓄電池の価格を押さえて理想の生活を実現しよう!

この記事では主に工事費込みでの蓄電池の価格をおさえ、さらに太陽光発電との併用で得られるメリットについても触れました。

今回の記事で触れた内容を3つにまとめてリストアップしたのでご確認ください!

  • 工事費込みの蓄電池の価格相場と金額が違う理由
  • 工事費込みの蓄電池設置の際の注意点
  • 太陽光発電と蓄電池をセットで利用する価格相場とメリット

蓄電池の設置、蓄電池と太陽光発電のセットでの設置を考えている方、困っている方の参考になれば幸いです。

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事