蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【電気代に悩んでいる方必見】夜間電力を使って電気代を節約する方法

太陽光発電 2021年07月20日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

210720_7000

「最近、電気代が高くなって悩んでいる」
「電気代を節約できる方法を探している」
「蓄電池について知りたい」

この記事はそんな方に向けて書いています。

特にこれからの時期はクーラーが必須です。
クーラーによる夏の高い電気代に悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。

そんな高い電気代を節約できる方法があることをご存知でしょうか?

この記事では、夜間の電力を使ってできる電気代を安くする方法を紹介します。
あなたの電気代を少しでも抑えることができる一助となれば幸いです。

知っていますか?【なぜ、夜間の電気代が安いのか。】

夜間の電気代が安い時間帯とその理由は?

皆さんは「昼間の電気代より夜間の電気代の方が安い」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

契約している電力会社によって若干異なりますが、夜間の電気代が安い時間帯は、23時から翌朝7時までの8時間の間です。
つまり、1日の生活の中で、昼間より夜間に電気を多く使うようなライフスタイルに変えることで、トータルの電気代を安くすることができます。

夜間の電気代が安い理由は、電力会社が夜間に余った電気を少しでも多く売りたいからです。

電力会社は電気が過度に使用される場合でも電気の供給が遅れないように、発電設備を大きく設計していて、多めに発電しています。
夜間の発電時にも、この大きく設計された設備を使用するので、昼間と同じ量の発電を行います。
夜間の電気の使用量は、昼間の電気の使用量よりも圧倒的に少ないため、結果として、夜間に発電した電気は余ってしまいます。

だから、電力会社はこの余った電気を少しでも多く売りたいために、夜間の電気代を安くしています。

必ずしも夜間の電気代が安くなるわけではない

散々、夜間の電気代の方が安いと説明しましたが、実は夜間の電気代の方が安いという情報は必ずしも正しくはありません。

理由は、昼間と夜間の電気代が変わらないプランを契約している場合があるからです。

プランは大きく分けて2つ!

電気料金のプランは、大きく分けて「通常プラン」と「夜間お得プラン」があります。
※各電力会社によってプランは異なる可能性がございます。

夜間の電気代が安くなるのは、「夜間お得プラン」のみです。
夜間お得プランでは、昼間の電気代が高く設定されますので、夜間お得プランを選んだ場合、「トータルの電気代が高くなった。」という話も珍しくはありません。

したがって、夜間お得プランは日中に家にいない方にオススメです。

ただし、休日の日中を家で過ごす方は、トータルの電気代が高くなる傾向がありますので気をつけてください。

電気代を圧倒的に安くできる【夜間に大活躍のオススメの機器4選】

前章でも説明した通り、夜間お得プランは夜間の電気代が安くなるものの、昼間の電気代が高くなる傾向があります。
したがって、いかに昼間の電気を使用しないかが、電気代節約の重要な鍵となります。

夜間お得プランを契約した上で、昼間の高い電気を使うのではなく、夜間の安い電気を出来るだけ多く使用することが、電気代を安くできる方法です。
最近では、電気代をさらに安くすることができる家庭用機器が登場しています。

特に家庭用機器は夜間の安い電気を利用して、電気代を節約できる仕組みとなっています。
しかも、電気代を安くするだけでなく、生活の質も向上させてくれる優れものです。

それでは、電気代を安くすることができる家庭用機器を4つ紹介します。

電気温水器

電気温水器は、大きな電気ポットのようなものです。

夜間の安い電気で沸かした魔法瓶のようなタンクに貯め、いつでも使いたい時にボタンを押すだけでお湯が簡単に出てくる仕組みとなっています。
タンク内はずっと保温状態なのでで、長時間お湯を入れてても冷めないところが特徴です。

蓄熱式床暖房

蓄熱式床暖房はフローリングの下に備え付けてある蓄熱材に夜間の安い電気を蓄熱し、日中にその熱を放熱することで室内を暖める仕組みとなっています。
広いエリアに取り付けることで、ランニングコストを抑えられ、高い効果を発揮します。

「帰宅したら、家が暖かくないと嫌だ」
「24時間いつでも暖かい家が良い」
という方にオススメです。

蓄電池

蓄電池は夜間の安い電気を蓄電し、昼間にその蓄電した電気を使うことで、昼間の高い電気を使うことが少なくなり、電気代を節約できる仕組みとなっています。
蓄電した電気はいつでも使えるため、昼間に活用するだけではなく、災害時の備えにもなるので、自然災害が多い日本に打って付けの電気機器となります。

太陽光発電

太陽光発電は、昼間の太陽光を利用して発電を行う仕組みとなっています。
太陽光から得た電気を使用することで、昼間の高い電気を使わなくて済みます。

これより、太陽光発電を導入することで、昼間の高い電気を使用せず、夜間の安い電気のみを使用することとなるので、トータルの電気代を安くすることができます。

【話題の蓄電池】で夜間電力を有力活用し、電気代を節約しよう!

蓄電池は電気代を圧倒的に安くできる家庭用電気機器として、すごくオススメです。
ここからは蓄電池の仕組みや魅力について紹介します。

蓄電池の仕組み

蓄電池はその名の通り、電気を蓄えることができる電池のことです。
蓄えた電気は自分が使いたい時に使いたい分だけを使うことができます。

蓄電池のメリット

蓄電池のメリットは、2つあります。

  1. 電気代を節約できる
  2. 停電時に利用できる

1つ目のメリットは、電気代を節約できることです。
夜間の安い電気を蓄電し、昼間にその蓄電した電気を使用することで、昼間の高い電気を使うことが少なくなり、電気代を節約できる仕組みとなっています。

2つ目のメリットは、停電時に利用できることです。
近年の日本では、地震、台風、大雨などの自然災害により停電が相次ぎました。

蓄電池は停電時でも電気を使えるので安心です。
特に、乳幼児、お年寄り、持病を持っている方がいる家族では、電気が使用できないとなると致命的です。

蓄電池は電気が使えない停電時でも電気を使用できるので、もしもの備えとして非常時に大いに活躍します。

蓄電池を導入すべき人とは?

蓄電池を導入すべき人は、太陽光発電をすでに設置している人です。
蓄電池は太陽光発電とセットで使うことにより、より大きな効果を得ることができます。
その大きな効果は3つあります。

  • 使用する電気の量が少なくなり、圧倒的に電気代が安くなる。
  • 災害による停電時でも、蓄電池内の電気を使用できる。
  • 電気自動車の場合、車の燃料が一切かからないエコなソーラーカーになる。

1つ目の効果は、使用する電気の量が少なくなり、圧倒的に電気代が安くなることです。

蓄電池と太陽光発電をセットで使う際のルーティンを説明します。

  1. 夜間の安い電気を蓄電池に蓄電する
  2. その蓄電した電気を電気代の高い昼間に使用する
  3. 昼間に太陽光発電で発電した電気を電力会社に売電する

こうすることで、電気代の高い昼間に電気を使用することがなく、電気代は夜間の安い電気を使用した分のみとなります。
さらに、売電することによって得た金額で、夜間に使用した分の電気代を支払うことができれば、実質電気代は0円となります。

2つ目は、災害による停電時でも、半永久的に電気を使用できるからです。
災害による停電時でも、昼間に太陽光で発電した電気を蓄電することで、電気を使用できます。

太陽光発電と蓄電池をセットで使用することで、昼間は「太陽光で発電し、使わずに余った電気を蓄電」、夜間は「昼間に蓄電した電気を使用」するという半永久的に電気を使用できる状態ができあがります
この状態は太陽光発電、蓄電池単体ではできず、太陽光発電と蓄電池をセットで使用しないと成り立ちません。

長時間停電することは、しょっちゅうありませんが、2011年に起きた東日本大震災では1週間以上も停電していた地域もあります。
日本は世界的に見ても災害が多い国なので蓄電池を導入して、もしもの災害の時のための備えにしましょう。

3つ目は、電気自動車の場合、車の燃料が一切かからないエコなソーラーカーになることです。
電気自動車は名前の通り、電気を燃料として動きます。

太陽光発電で発電した電気を蓄電池に蓄電し、その電気を電気自動車の燃料にすることで、燃料代が一切かからずに、車を使用できます。
太陽光発電と蓄電池をセットで使用することにより、無料のガソリンスタンドが家にある状態になり地球にも財布にもエコになります。

太陽光発電と蓄電池をすでにセットで使用している方は、ぜひ地球にも財布にもエコな電気自動車の購入を考えてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】もう電気代では悩まない!夜間電力を上手に使って節約しよう!

いかがでしたでしょうか。
結論、蓄電池と太陽光発電の組み合わせが電気代の節約には最強です。

しかし、蓄電池と太陽光発電を設置するとなれば、簡単ではありません。
そのため、まずは電力会社に連絡をして、契約しているプランを夜間お得プランに変え、なるべく昼間は電気を使用せずに、夜間に電気を使用するように心がけましょう。

皆さんの電気代が「夜間お得プランへの変更」と「蓄電池を導入」により少しでも節約できることを心から願っています。

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事