蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

カート
リノベステーションは新型コロナウィルスへの対応を徹底しています。詳しくはこちらをご確認ください。
メニュー
マイページ
お気に入り
カート
相談件数
年間2,000件以上
完全
自社施工
取扱商品
10,000点以上
クレジット
ローン
銀行振込

2019年問題

読み方

にせんじゅうきゅうねんもんだい

解説

2019年問題とは、固定価格買取制度(FIT)の「売電期間終了後の余剰電力の取り扱いはどうなるのか」という問題のことを指します。

固定価格買取制度(FIT)が開始された2009年は、売電単価が48円/kWhと非常に高額で、太陽光発電を設置する世帯が急増しました。

2009年に太陽光発電を設置した50万世帯以上の方々は2019年に売電期間の満了を迎え、上記の問題を抱える人が続出したため、2019年問題と呼ばれるようになりました。
結局、売電期間終了後も売電は可能となりましたが、売電単価が約8円と急激に落ちるために、売電せずに自家消費するという流れが強まり、その手段として蓄電池が注目されるようになりました。

ちなみに、2009年11月以前に設置した方や2016年以降に設置した方、10kWh以上設置した方はこの問題の影響を受けません。

蓄電池やリフォームに関する
ご相談やお見積もりは
完全無料です!
電話ですぐにご相談!
無料
通話
受付時間:9:00-18:00(祝日除く)
WEBからお気軽にご相談!
New call-to-action