蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

2021年度版 
京都府南丹市の蓄電池補助金

京都府南丹市の蓄電池補助金概要

制度名 南丹市住宅用太陽光発電システム設置事業費補助金
補助金額 9.9万円
補助対象機器 蓄電システム
申請期間 2021/11/30まで
申請時期 工事前
設備要件 住宅用蓄電設備 蓄電容量が1kWh以上のもの
申請方法 持ち込み
お問合せ先 環境課〒622-8651 環境課京都府南丹市園部町小桜町47番地  TEL:0771-68-0085
公式URL https://www.city.nantan.kyoto.jp/www/life/114/004/000/index_82603.html
その他 自らが居住する住宅に住宅用太陽光発電設備と住宅用蓄電設備を同時に設置し、電力会社と電力需給契約を締結した者 住宅用太陽光発電設備と住宅用蓄電設備が設置された新築住宅を自らが居住するために購入し、電力会社と電力需給契約を締結した者。

京都府の蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

国からの蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

京都府南丹市の特徴

京都府南丹市は京都府のほぼ中央に位置します。かつて、南丹市から福知山市・綾部市、隣接する兵庫県の一部などは丹波国とよばれていました。その丹波国の南部にあたるのでこの地域は南丹とよばれます。
市域の大半は山地です。南丹市には分水嶺があり、降った雨のうち由良川に流れるものは日本海に、大堰川(おおいがわ)に流れるものは桂川を経て淀川、大阪湾へと注ぎます。
古代には氷室がおかれたと記録されています。
江戸時代、南丹市周辺は園部藩の領地でした。
南丹市の特産品は枝豆の紫ずきん、丹波黒大豆、丹波まつたけ、丹波栗などです。
紫ずきんは粒が大きく、コクがあって甘いと評判の枝豆です。丹波名産の黒大豆から生まれた新しい品種です。
山地が多く、京都市などの盆地に比べると冷涼な気候です。夏に高温、冬に降雪が見られます。内陸にあるため一年や一日の気温差が大きいです。