蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

2021年度版 
東京都世田谷区の蓄電池補助金

東京都世田谷区の蓄電池補助金概要

制度名 世田谷区民向け蓄電池の導入補助事業
補助金額 5万円
補助対象機器 蓄電システム
申請期間 2021/4/1~2022/3/10
申請時期 工事後
設備要件 蓄電池システムは、太陽光発電システム(蓄電池と同時導入、または既に導入していること)を利用して充電できること。
蓄電池システムは、国が平成28年度以降に実施する補助事業の対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブ新しいウインドウが開きますにより登録されていること。
太陽光発電システムは、一般財団法人電気安全環境研究所新しいウインドウが開きますによる認証、または国際電気標準会議のIECEE-PV-FCS制度に加盟する海外認証機関による認証を受けていること。(ただし、既に太陽光発電システムを導入しており、過去に世田谷区が実施した「住宅用太陽光発電システム機器設置費補助金」、もしくは、株式会社サ-ビス公社が実施した「せたがやソ-ラ-さんさん事業」の対象となっていた場合は、上記認証を受けている必要はありません。)
太陽光発電システムにより供給される電力を、原則として申請者の住宅の住居用(申請者が集合住宅の管理組合の場合は、共用部)に使用すること。
(補足1)蓄電池システムとは、リチウムイオン蓄電池部(リチウムの酸化及び還元の作用により電気を供給する蓄電池をいう。)に加え、インバ-タ-等の電力変換装置を備えた定置型のシステムのことを言います。
(補足2)太陽光発電システムとは、太陽光を電気に変換するシステムであって、太陽電池、パワ-コンディショナ-(太陽電池が発電した直流電力を住宅で使用できる交流電力に変換する設備をいう。)
その他これらに付随する設備で構成されるもののことを言います。
申請方法 郵送
お問合せ先 世田谷区環境政策部エネルギ-施策推進課
※令和3年5月6日以降は、事務室移転のため、提出先が変わります。ご注意ください。(令和3年4月30日まで)
〒154-8504 世田谷区世田谷4-21-27 区役所第1庁舎5階53番
窓口電話:03-5432-2273
FAX:03-5432-3062(令和3年5月6日以降)
〒158-0094 世田谷区玉川1-20-1二子玉川分庁舎 B棟3階
電話:03-6432-7133  FAX:03-6432-7981
公式URL https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/sumai/011/003/d00185009.html
その他

東京都の蓄電池補助金概要

制度名 自家消費プラン事業
補助金額 42万円
補助対象機器 蓄電システム
申請期間 2021/4/1~2022/3/31
申請時期 工事前
設備要件 都内の住宅に新規設置すること
未使用であること
太陽光発電システムを同時設置するか、既に設置していること
家庭の太陽光発電等の電力データ、再エネ電力の自家消費に伴う環境価値等が提供可能であること
申請方法 郵送と電子申請どちらでも
お問合せ先 (補助制度について)
環境局地球環境エネルギー部地域エネルギー課
電話:03-5388-3533
(申請受付について)
公益財団法人東京都環境公社東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京 )
電話:03-6279-4615
公式URL https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/03/25/03.html
その他

国からの蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

東京都世田谷区の特徴

東京都世田谷区は東京23区の西部に位置し、三軒の茶屋が並んでいたことに由来する三軒茶屋は住みたい町ランキング上位に入る人気の住宅街で世田谷区の商業の中心地となっています。

人口および人口密度は東京23区内で最大になっており、人口においては政令指定都市のうち8市を上回る多さです。
23区内では珍しい内陸性の気候になっており冬場は最低気温が低い傾向にありますが、一方で夏場は内陸部にしては涼しく過ごしやすい気候になっています。