蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

ライフスタイルの変化で考える!間取り変更リフォームの費用や注意点

その他リフォーム関連 2021年10月07日更新

間取り変更リフォームの種類は?【パターンはさまざま】

家のリフォームについて、こんなこと考えたことはありませんか?

  • 子供部屋を作るために、新しく部屋を作りたい
  • キッチンを広々としたアイランドキッチンにしたい

ライフスタイルの変化から、間取り変更のリフォームを検討する機会が出てくることも多いでしょう。

しかし、費用や期間など分からないことも多いもの。

そこで、本記事では間取り変更リフォームに関する、費用や、種類、注意点などを徹底解説しています!

【工事の程度による】間取り変更リフォームの費用を解説!

間取り変更リフォームの種類は、非常にたくさんあります。

そのため、以下では代表的な間取り変更リフォームの種類に絞ってご紹介します。

壁を除去する

壁を除去することで、広々とした部屋を作ることが可能になります。

例えば、複数の部屋を繋げて大きな部屋を作ることや、今までとは違う形状のドアに取り換える(例:開き戸を引き戸にする)などといったことです。

注意点として、建物としての構造の問題から除去できない壁もあるので、思い通りに壁を除去できない可能性があります。

仕切りを作る

仕切りを作ることで、子供部屋などの新しい部屋や、キッチンが外から見えないようにする遮蔽物などを作ることが可能になります。

壁を広げる

壁を広げることで、車いすでも通れるように廊下を広げることも可能です。

設備を移動する

キッチンやお風呂など生活設備の場所を移動させることも可能です。

外の景色が見えるお風呂にしたり、広々としたアイランドキッチンに変更したりすることができますので、最も変化を感じやすいリフォームの1つだと思います。

窓を変更する

新たに窓を設置したり、サイズの変更、位置の変更なども可能です。

窓を変更することで、日あたりを良くしたり、部屋と窓の統一感を出すことができるようになります。

【工事の程度による】間取り変更リフォームの費用を解説!

価格は現在の物件の状態や、新しく導入する設備のグレードによって大きく上下しますが、大体の目安としては以下の通りです。

壁などの変更

お部屋の印象がガラっと変わる、壁や仕切りの変更にかかる費用目安は下記の通り。

  • 壁を除去する:10万~30万円/1ヶ所
  • 仕切りを作る:7万~25万円/1ヶ所
  • 壁を広げる:10万~50万/1ヶ所

壁が耐力壁である場合、壁を広げることに労力が必要とされるため、壁の除去や新設に比べて値段が高くなる傾向にあります。

設備の移動

価格帯別に振り分けると以下の通りです。

  • キッチン・浴室:数十万~250万円
  • 洗面所・トイレ:8万~60万円

設備移動のリフォームは工事が大変です。

例えば水回りの設備ですと、設備から配管周りまでの全てを移動させる大掛かりなリフォームになります。
そのため、設備移動のリフォームは上記のようにかなりの費用が掛かりますので、本当に必要なことか良く見極めてから行いましょう。

また、配管が古い場合は、配管の補修も必要となってくるため、さらに値段が高くなります。

窓を変更する

窓を変更するリフォームの場合の価格帯は以下の通りです。

  • 窓周りのリフォーム:10~50万円/1ヶ所

外窓は外壁工事を伴うことがほとんどのため、値段が高くなります。

また、高所であれば、その分足場代なども加算されてしまいます。

【あなたの家はどのタイプ?】家の造りによるリフォームの違い

家の造りによっては、できるリフォームの種類が制限されたり、価格が上下します。

木造

最も間取変更が行いやすい構造であり、基本的に全てのリフォームが行えます。

鉄筋コンクリート造

一部の壁や柱を動かせない場合や、追加の補修が必要になる場合はありますが、基本的に自由な間取変更リフォームが行えます。

鉄骨造

木造よりも頑丈で、強度が高いため、間取変更リフォームが行いにくい構造であると言われています。
そのため、要望通りのリフォームが行えない可能性があります。

また、壁を新設する場合、壁の代金は木造よりも高くなる傾向にあります。

ツーバイフォー工法

安定した構造で耐震性も抜群に高い分、壁を動かすことや、壁に穴をあけることが難しい構造です。
そのため、間取変更リフォームを行うにあたっては、業者としっかり相談しましょう。

間取り変更リフォームを安く行う方法は?【相見積もりをとりましょう】

間取り変更リフォームをより安く行うためにも、特定の業者だけではなく、複数の業者と話し合うことが大切です。

間取変更リフォームは、お家によって状況が大きくことなるため、画一的にOOをやれば安くなるということがありません。

そのため、複数の業者と話し合い、できるだけ費用を下げるためのアドバイスを受けながら交渉し、1番条件の良いところに依頼することがおすすめです。

間取り変更リフォームの注意点は?【意外な盲点が・・】

間取りの変更リフォームを実施する前に、いくつかの注意点を把握しておきましょう。
意外な盲点があるかもしれません。

マンションの規約

マンションによっては、利用者が勝手に間取変更リフォームを行ってはいけない、あるいは特定のリフォームが許されていない所も存在します。

お住いのマンションの規約を確認してから、業者へ依頼するようにしましょう。

除去できない壁

先述のように家の構造上、撤去できない壁というものが存在します。
そのため、思い通りのレイアウトには必ずしもならない可能性があるので、業者としっかり確認を取りましょう。

業者の選定

どの業界にも悪質な業者は存在するものです。

先述のように、複数社に相談し、怪しいと思った業者は避けるようにしましょう。

工事費以外の費用

間取変更リフォームを行っている最中は、別の場所で生活することが必要になる場合も多いです。
そのため、工事費用だけでなく、ホテル代や飲食費などの別の場所での生活費も考慮して予算を組みましょう。

【まとめ】事前準備を万全に間取り変更リフォームを!

いかがでしたか?
最後に本記事の内容を3行でまとめさせていただきます。

  • 間取変更リフォームは、壁の変更や設備の移動など様々な種類があり、リフォームの種類によって値段が大きく変わる。
  • 間取変更リフォームは、建物の構造の影響を大きく受ける。
  • 間取変更リフォームを安く行うには、複数の業者としっかり話し合うことが必要。

本記事が、間取り変更リフォームを検討中のあなたの参考になれば幸いです!

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事