蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【恐るべし相乗効果】蓄電池✖️エコキュートのスゴイ効果を紹介

蓄電池 2021年09月30日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

「蓄電池とエコキュートを連携する効果ってなに?」

「蓄電池とエコキュートを連携すると、節約できるの?」

この記事はこのような悩みを持っている方に向けて執筆しています。

最近の日本は、環境に優しい機器やアイテムを取り入れることをオススメしています。

その中で、注目を浴びているものが太陽光発電、蓄電池、エコキュートです。

太陽光発電は化石燃料を使わない発電方法で、地球環境にも優しい発電方法です。

エコキュートはガスではなく、電気を使って、お湯を沸かせることができます。

蓄電池は電気を充電でき、災害用の電源としても役に立つ機器です。

さらに、太陽光発電、蓄電池、エコキュートを設置する場合、国から補助金をもらうことができます。

そのため、通常よりも安い値段で購入でき、お財布にも優しいです。

今回は太陽光発電、蓄電池、エコキュートの中から、蓄電池とエコキュートの連携について解説します。

多くの人は蓄電池とエコキュートを連携することで、どのような効果、デメリットがあるか分からないでしょう。

この記事では

  • 蓄電池、エコキュートを連携することで、どのような効果があるか
  • 節約以外の効果はあるのか
  • デメリットは何か

を解説します。

この記事が蓄電池、エコキュートを購入しようと考えてる方の一助となれば幸いです。

蓄電池とエコキュートの連携による恐るべし相乗効果

蓄電池とエコキュートを連携すると、節約効果が相乗的になります。

この章では、どのような節約効果があるのかを解説します。

エコキュートを設置すると夜間の電気代の単価が安くなる

エコキュートを設置すると、夜間の電気代の単価が安くなります。

多くの場合、電気の単価は24時間変わらず、一定です。

しかし、エコキュートを設置している住宅は、電力会社に夜間の電気を割引する申請を行うと、夜間の電気代の単価が安くなります。

これより、エコキュートを導入しているだけでも、節約になります。

また、蓄電池には昼間の高い電気ではなく、夜間の安い電気を蓄電し、電気代を節約しましょう。

これより、蓄電池とエコキュートを連携する恐るべし相乗効果は、夜間の安い電気を蓄電でき、従来よりも節約ができることです。

さらに電気代を安くするためには

電気代をさらに安くするためには、太陽光発電を設置しましょう。

蓄電池とエコキュートを連携しても、昼間の電気代は変わりません。

「夜間の電気代は安くなったけど、昼間の電気代も安くしたい」

多くの方はこう考えるでしょう。

そこで、活躍するものが太陽光発電です。

昼間の電気代を安くするためには、蓄電池、エコキュート、太陽光発電の三刀流がオススメです。

太陽光発電は太陽が出ている昼間に発電できます。

太陽光発電で発電した電気を昼間に使用し、余った電気は蓄電池に充電します。

夜間に蓄電池に充電している電気を使うことで、電力会社から電気を買う機会が明らかに減ります。

蓄電池、エコキュート、太陽光発電の三刀流のサイクルを繰り返すと、電気代がほぼゼロに等しくなるでしょう。

したがって、電気代をさらに安くしたいと考えている方は蓄電池とエコキュートに加えて、太陽光発電も導入してはいかがでしょうか。

【エコキュート✖️蓄電池】これからはエコや災害時の備えを意識しよう! 

エコキュートと蓄電池を連携すると、節約以外にエコや災害時の備えになります。

この章では、エコキュートと蓄電池の連携によるエコや災害時の効果について解説します。

従来の燃焼式給湯設備よりも二酸化酸素の排出量を50%も削減

エコキュートは従来の燃焼式給湯設備よりも二酸化炭素の排出量を50%も削減できます。

理由は、エコキュートはヒートポンプ技術を用いた給油機だからです。

ヒートポンプ技術とは空気中の熱を二酸化炭素に集め、コンプレッサーで圧縮してます。

さらに高温にすることで、二酸化炭素が熱源となり、お湯を沸かします。

つまり、空気中の二酸化炭素を使って、お湯を沸かしているので、自然環境保護にも役に立っているのです。

また、エアコンや冷蔵庫ではフロンガスが使用され、地球温暖化の進めるのではないかと心配されていました。

しかし、エコキュートはフロンガスではなく、二酸化炭素を使用しているので、地球温暖化への影響が少ないです。

このため、エコキュートはエコな給湯設備として位置付けられています。

火災のリスクが少ない

エコキュートは火災のリスクが少ないです。

理由は、エコキュートは電気を使ってお湯を作っているからです。

エコキュートはガスを使っていないため、爆発などの心配もなく、安心・安全に使用できます。

災害時にお湯が使える

エコキュートを設置すると、災害時にもお湯を使えます。

理由は、エコキュートは作ったお湯を貯めれるからです。

もし、災害が起きた時にエコキュートの中にお湯があると、トイレや手洗い、体を洗ったりできて、被災生活の助けとなるでしょう。

さらに、お湯は冷たい水と異なり、抗菌効果も高いので、コロナ禍では重宝されます。

また、災害時に停電が起きても、蓄電池に貯まっている電気を使ってお湯を作ることができます。

これより、蓄電池とエコキュートを連携すると、災害時にお湯を使え、被災生活を支えてくれるでしょう。

エコキュートと蓄電池を連携するデメリット

エコキュートと蓄電池を連携するデメリットを3つ解説します。

エコキュートと蓄電池を購入したい方は、デメリットも理解してください。

使いすぎると湯切れする

エコキュートの中に貯まっている熱湯を全て使った場合、湯切れしてしまいます。

理由は、お湯を沸かすのに時間がかかるからです。

エコキュートのヒートポンプユニットはガス給湯器と異なり、お湯を沸かすのに時間がかかります。

つまり、タンク内の熱湯を全て使い切ってしまうと、お湯が使えるまで待つ必要があります。

これより、エコキュートでは湯切れしてしまいます。

湯切れをするケースとしては、人の訪問があった時や単純にお湯を利用する量が増えた時です。

もし、ご家族が増える可能性がある場合は、湯切れを防ぐためにエコキュートのタンクの容量を大きくしましょう。

エコキュートと蓄電池の設置スペースの確保

エコキュートと蓄電池は、屋外に設置します。

屋外にエコキュートと蓄電池を設置するスペースがなければ、設置できないです。

最近のエコキュート、蓄電池はコンパクト化されているものの、外に置くとなれば、ある程度のスペースは必要です。

家、庭の景観を乱したくない人には、エコキュートと蓄電池の設置はオススメできません。 

エコキュートに貯まっているお湯は飲めない

エコキュートのタンクに貯まっているお湯は飲めません。

理由は、タンク内に貯まっている水には不純物が入っている可能性があるからです。

エコキュートは定期的に業者がメンテナンスを行います。

しかし、メンテナンスで不純物を取り除けないので、飲まないようにしましょう 。

【まとめ】エコキュートと蓄電池を連携して、今より快適な生活を

いかがでしたでしょうか。

エコキュートと蓄電池を連携することにより、節約ができることをお分かり頂けたと思います。

エコキュートと蓄電池を連携により得られる節約効果は

  • 夜間の電気代が安くなる。
  • 蓄電池に夜間の安い電気を充電できる。
  • 蓄電池に貯まっている電気を使って、お湯を沸かせる。

です。

節約効果だけではなく、

  • 従来よりも二酸化炭素の排出量を50%削減できる。
  • 火災のリスクが少ない
  • 災害時にお湯が使える

のエコや災害時の備えとしても効果があります。

エコキュートと蓄電池を連携して、地球にもお財布にも優しい快適な生活を送りましょう。

 

リノベステーションではニチコンやファーウェイを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事