蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【家庭用蓄電池】国内シェア上位メーカー9社と代表製品を徹底解説

蓄電池 2021年10月14日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

img_Storage battery_maker_share_210312

蓄電池を購入するにあたり、
「蓄電池にはどんなメーカーがあるのだろう」
「蓄電池の定番商品を知りたい」
と考えている方は多いのではないでしょうか。

蓄電池の違いは分かりづらく、選ぶ際は苦労しますよね。
そもそも蓄電池の種類が多く、どの製品がオーソドックスなのかも分からないなんてことも…。

そこで、今回の記事では家庭用蓄電池のシェア率順に蓄電池メーカーを解説します。

この記事を読むと、下記の内容が分かります。

  • 蓄電池の定番メーカーの特長
  • 各メーカーの定番商品

まずは蓄電池の定番メーカーや商品を知ることで、自身の比較検討に生かしてくださいね。

蓄電池市場は追い風!各メーカーがシェア獲得を目指して製品開発中!

蓄電池は今注目を集めている分野です。
というのも、「震災への備え」「持続可能なエネルギーへの転換」といった社会的なムーブメントが巻き起こっているからです。

設置機種や住んでいる地域によって国・地域から補助金が出ることからも、蓄電池市場の追い風が覗えますね。

もちろん企業もこの追い風に乗るべく、他社より優れた製品を開発しようと力を入れています。

太陽光発電と連携した「ハイブリッド型蓄電池」の発売は記憶に新しいですが、今後もより便利で効率的な製品開発が見込まれます。

これまでは電機メーカーや太陽光パネルメーカーが製造を担ってきましたが、伊藤忠商事のような異業種の参入も増えてくるかもしれません。

追い風に乗り、蓄電池市場は活性化していますよ。

【国内シェア上位】家庭用蓄電池のメーカー9社を解説!定番製品も!

市場が活性化している蓄電池。
製品の特長はメーカーによって様々です。

ここでは国内の家庭用蓄電池シェア上位メーカー9社定番の製品を解説します。

それぞれ特長が異なるので、自身の需要と照らし合わせてチェックしてくださいね。

ハイブリッド型蓄電池のシェアNO.1 シャープ

家庭用蓄電池で高いシェアを誇っているメーカーがシャープです。
特にハイブリッド型蓄電池のシェアが業界の28%を占めており、太陽光発電と連携した蓄電システムに強みがあります。

シャープ製のハイブリッド型蓄電池は「クラウド蓄電池システム」と呼ばれています。
クラウド蓄電池システムは、製品のバリエーションが豊富ですよ。

  • 単体でも、太陽光システムと連携しても使える
  • 大容量、ミドル、コンパクトの3サイズ
  • 屋内設置・屋外設置を選べる
  • 蓄電池増設も可能

もちろん、1万2000回の充放電を行っても容量の7割を維持できたり、天気予報連携などのAI技術の活用にも力を入れていたり、品質も業界トップクラスです。

家庭用蓄電システムの累計販売台数国内NO.1 ニチコン

ニチコンは家庭用蓄電システムの累計販売台数国内第1位の蓄電池メーカーです。
トップメーカーとして、「この先も価値が続くもの」として豊富な種類を取り揃えており、顧客の様々な需要に応えています。

例えば、単機能電池として最大クラスの容量16.6kWhの蓄電池「ESS-U4X1」をはじめ、これから太陽光発電を導入する方向けのハイブリッド型蓄電システム、ちょっとしたスペースで小容量の蓄電をしておきたい方向けにはポータブル蓄電システムがあります。

そして、近年注目されている電気自動車の蓄電もできる蓄電池が「トライブリッド蓄電システム」です。
毎日の電気自動車のエネルギーが自家製電気でまかなえ、家計にも優しい蓄電池ですよ。

地球規模の環境問題、日本のエネルギー問題から、家族の未来まで考えて、蓄電システムを開発していることがニチコンの一番の特長でしょう。

単機能型蓄電池のシェアNO.1 伊藤忠商事

実は伊藤忠商事も蓄電池を販売しており、単機能型蓄電池のシェア第1位を獲得しています。

伊藤忠商事が製造している蓄電池は「スマートスターL」です。
「スマートスターL」は人工知能を活用した次世代の蓄電池システムで、単機能型蓄電池のシェア40%を誇っている人気製品ですよ。

高いシェアを得ている要因としては、基本スペックの高さが挙げられます。
蓄電容量は9.8kWhで、3kVAの高出力かつ200Vの家電にも対応可能です。
充電自体も3時間で行えるので、すぐに完了しますよ。

さらに、停電時でも分電盤全てをバックアップする前負荷型の蓄電池です。
そのため、事前に負荷を特定しておく必要がなく、使いたい電気を自由に使うことができます。

AIによる電力需要パターンの学習や充放電最適化によって、効率よく電気を活用できることもスペックの高さを示していますね。

高出力かつコンパクトな蓄電池 長州産業

長州産業は国内でも有数の太陽光パネルメーカーですが、蓄電池販売も行っていますよ。
手厚い保証高出力かつコンパクトな製品設計が人気のメーカーです。

長州産業の蓄電池保証は構成機器が15年、太陽光モジュールが25年。
雨漏り保証も含めて施工にも10年の保証がついているので、かなり充実しています。

さらに、長州産業の特長を存分に生かしている製品が「スマートPV」です。
スマートPVは太陽光発電も蓄電池もコントロールできるハイブリッドパワーコンディショナと、同等容量で世界最小・最軽量クラスの蓄電池を組み合わせたシステムですよ。

創蓄連携システムにより、経済モード・安心モード・グリーンモードを使い分け、ライフスタイルに合わせた設定ができます。

また、スマートPVはユニットの重量が約52kgのため、大容量蓄電システムに必要なクレーンでの運搬などの大規模な設置工事は必要ありません。

導入コストも低く、効率的な電気使用のできる点がスマートPVの強みです。

ハイブリッド型蓄電池のパイオニア パナソニック

パナソニックは高性能・信頼性・豊富な機器を武器に蓄電池シェアを獲得しています。
蓄電池ユニットは10年、システム機器瑕疵・機器瑕疵は15年の保障体制も魅力的ですよね。

そんな万能なパナソニック製蓄電池の中でも、特に優れているのは業界初の「創蓄連携システム」です。

一般的に「ハイブリッド型蓄電池」と呼ばれる先駆けがパナソニックの創蓄連携システムですよ。
さらに、創蓄連携システムは定番の「システムS」、システムSに機能性や容量に改良を加えた「システムS+」、あとから蓄電池を取り付けできる「システムR」、停電時に大容量が使用可能な「据置タイプ」の4種類から成り立っています。

容量も組み合わせによって変えられることから、機器の豊富さが際立っているのも特長です。

軽量蓄電池といえば! オムロン

オムロンは太陽光発電のパワーコンディショナー国内シェア1位のメーカーです。
また、太陽光と連携した蓄電池もシェアを獲得しており、豊富な種類とコンパクトな設計で顧客のニーズに応えています。

中でも2020年10月に発売した「マルチ蓄電プラットフォームKPBP-Aシリーズ」は今後のオムロン製品の中核となりそうです。

「マルチ蓄電プラットフォームKPBP-Aシリーズ」は蓄電池業過初のマルチ蓄電プラットフォーム。
1プラットフォームで単機能型、ハイブリッド型、全負荷対応型の役割を担うことができ、その時々のニーズに合わせた発電が可能ですよ。

もちろん、小型で高出力のため、蓄電池の設置場所や停電時に困ることも少ないです。
ネットワーク接続も問題なく行え、電力の効率化もできます。

シンプルで高性能な蓄電池 田淵電機

田淵電機が取り扱う蓄電池は1種類のみです。
その分、長年パワーコンディショナー上位シェアを誇る田淵電機の技術が詰まっていますよ。

田淵電機のハイブリッド型蓄電池は「アイビス」です。
スマート、節エネ、蓄電、ノーマルと状況に合わせて自由にモードを変更でき、電気代の節約ができます。
また、停電時は200vの出力、自立運転に切り替えと快適な生活が可能ですよ。

そして安心の15年保証付き。
蓄電池の増設もできるので、自身のライフスタイルに合わせて設置しましょう。

新製品が「日経産業新聞賞」を受賞! 京セラ

京セラは1975年から太陽電池の研究・開発に取り組む老舗メーカー。
近年は蓄電池開発にも力を入れており、6.5kWhのハイブリット型蓄電池、3.2kWh、12.0kWhとタイプの違う単機能型蓄電池、公共施設の非常用電源にも使われるリチウムイオン蓄電池を取り揃えております。

また、2020年に登場したのが「エネレッツァ」です。

「エネレッツァ」は世界初のクレイ型リチウムイオン蓄電システムで、「日経優秀製品・サービス賞2020 日経産業新聞賞」を受賞していますよ。

特長は長寿命・高安全性・低コストを実現した機能性。
電解液を電極に練り込むことで安全性を高め、寿命を1.5倍に伸ばしています
また、製造工程の簡略化と部材の削減により、原材料費をこれまでの7割に抑えることに成功しました。
高品質な製品が低コストで、なおかつ5kWh、10kWh、15kWhのラインアップからお選びいただけますよ。

安全性と確かな蓄電技術 エリーパワー

シェア率は高くありませんが、確かな技術で蓄電池業界をけん引しているのがエリパワーです。
エリーパワーが開発した大型リチウムイオン蓄電池・「HYバッテリー」は世界トップレベルの安全性と高性能を誇っていますよ。

特長はなんといってもその耐久性。約17,000回充放電を行っても電池容量保持率70%を維持でき、ー20℃から60℃の広い温度帯域で安定した性能を発揮します。

「HYバッテリー」を生かし、容量の大きいハイブリッド型蓄電池も高性能ですが、一番の強みは可搬型や壁掛け型といったコンパクトな単機能型蓄電池です。

可搬型の単機能型蓄電池、「POWER YIILE 3」は従来の20%の軽量化にも関わらず、蓄電容量は維持しています。
さらに、高出力化・静音化も実現しており、総合効率を約40%向上させる進化を遂げました。

また、蓄電率や電力履歴もひと目でチェックできる「エリークラウド」を導入するなど、電力の見える化にも力を入れていますよ。

蓄電池はシェア率よりも自身の需要に合ったメーカー・製品選びを!

今回は各蓄電池メーカーのシェア、特長、定番製品について紹介しました。

記事を読んでわかるように、メーカーによって特長が異なりますし、製品によっても色々な利点があります。

蓄電池は10年、20年と長期的に使用するものです。
定番メーカーや定番商品で蓄電池を選ぶのではなく、自身の需要に合った製品選びが大切ですよ。

今回の記事を参考に、後悔のない蓄電池を行ってくださいね。

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事